三丁目きゃっと

当ブログは漫画描き望月淳がお仕事情報や落描きの掲載を目的とし、自由気ままに運営しております。当ブログに載せられた画像の無断転載、転写は禁止です!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
もうすぐ発売&開催
昨日の予告通り浮上して参りました!

Gファンタジー7月号本日発売です。今月27日に発売されるファンブックに収録される3つの短編の中から1つを掲載していただいております。宜しくお願い致します!
壁ドンポスターめっちゃ楽しそうなので自分も描きたかったよーーーー!(じたばた)


パンドラ特設サイト、色んな情報公開されております。是非下のリンクよりご覧ください。
↓ ↓ ↓
*************
➡➡➡特設サイト
*************


あれ…お知らせすべきことは全て特設サイトに書かれているので特に書くことないな……。(笑)
とりあえず特設サイトのそれぞれのお知らせに対してポソポソ呟いていこうかと思います。


・特典イラスト
色紙&抱きつきシリーズ共に画像公開されましたね!
抱きつきシリーズ、このメンバーで描くと「ならあのキャラでも…、このキャラでも…」と描きたい欲が出てきてしまい大変でした…。
ブレイクだけ二回出演となっておりますが……すみません、オズがシャロンに抱き付いている図がどうしてもイメージ出来ませんでした…。orz  というかコレ絶対抱き付かせてもらえないだろ…と真面目に悩んだ…。
なので、あの絵はメイン5人のイラストのオチ的なものと捉えていただけると嬉しいです。

画集のBOXには表紙イラストの線画を使っていただいております。結構しっかりしたものを作っていただけるそうなので自分も実物を見るのが楽しみです。


・原画展会場の踏み絵
「あ、踏み絵って言っちゃった」と特設サイトを見て笑いました。
リニューアルと書いてはありますが、ヴィンセントがグレードアップするわけではありませんのでご注意下さい。
東京、大阪と体を張り続けた彼の代わりに別のキャラをご用意致しました。
どうぞ心ゆくまでお踏み下さい。ふみふみ。


・小倉会場の「壁」について。
はい、壁です。でかいです。わけがわらないです。
「先生、小倉の会場、〝壁〟用意しておきましたから!」と編集Sさんに電話で言われた時には、正直「なに言ってんだこの人…」と思いました。
180×300のとか描いたことないんですけど…。今までで一番でかいキャンパスサイズでPの50くらいなんですけど…。

ちょっと実物を見ないと大きさに実感が湧かないと思うのですが、折角の機会なので今まで試したことのない画材を色々持ち込んで好きに遊ばせていただこうと思います。
今度メディウム買いに行こう〜♪


・コーカスレース
若宮シノブ先生によるパンドラ小説「Caucus race」がデジタル書籍化されます!
自分が描かせていただいた挿絵と後日談漫画もばっちり収録されておりますので、この機会に是非是非〜。
(特設サイトでは挿絵と漫画が少しだけご覧になれます!)


・画集の未収録
読者さんからどのイラストが画集未収録なのかというご質問をいただきましたので、もっかい書き出してみます。↓

花言葉ブロマイド、ペコリーズ、抱きつきイラスト、27日発売の書籍の特典色紙、オズギルブレイク三人のイラストの複製原画、「死神と銀の騎士」の帯イラスト、27日発売のファンブック内に収録されている描き下ろしイラスト

現在自分が把握しているのはこれくらいです。ご参考までに。(なにか抜けてたらすみません!)


・銀騎士さん
上でちらっと触れましたが…、
6月27日発売のイロノ先生著・「死神と銀の騎士」の帯にイラストと推薦文を寄せさせていただきました!
銀騎士さん、1・2巻同時発売です。
というわけで!帯イラストも1・2巻で繋がっているものを描かせていただきました。
ジェードさんごめん…どうしてもブライトさん描きたかったんや…
折り返し部分にもちょこっとイラスト載せていただいております。

帯のお話をいただいた時にはいつも、出来るだけ沢山の方に響くように…というよりは「少なくとも自分と同じ趣味趣向の方には刺さりますように!」と念じながら推薦文を考えさせていただいております。
有難いことにこれまで何度か帯のお話をいただいておりますが、その中でも銀騎士さんの帯コメントは群を抜いて欲望だだ漏れの望月魂の叫びとなっております…。いやだ恥ずかしい。(後の祭り)

イロノ先生は自分の中で「エジプトの読み切り漫画を描かれた先生」という印象がとても強かったので、初めて「死神と銀の騎士」を拝見した時には「え、あのエジプトの先生(イロノ先生ごめんなさい)が西洋ダークファンダジーをぶん投げていらっしゃったの?!」とびっくり致しました。

ストーリーについて語るのはネタバレが怖いので控えますが、銀騎士さんを読んでいると「やめて!イロノ先生!もうこれ以上シアン君(主人公)をいじめないで!」と思う自分と、「いいぞもっとやれ!泣いてるシアン君をもっと見たい!絶望している姿をひととおり眺めて最終的には全力で甘やかしたい!」という自分が同時に叫びを上げだします。

イロノ先生が描かれるちびっことおんなのこはめっちゃ柔らかそうで思わずホッペをつまみたくなる神々しさなのでそこにもご注目いただけると望月とても嬉しいです。

「死神と銀の騎士」はパンドラ最終巻と同じ6月27日に発売です!
イロノ先生の初単行本、要チェックでありますよー!



さて…次は22日あたりに浮上してくると思います。
原画展準備頑張ります!







スポンサーサイト
2015/06/18(木) 18:20:12 | おしらせ | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。